psychotherapy 3course

エンパワーメント・ラボ  デルフィス
delphisLogo2.jpg

(右のAをクリックすると文字が大きく表示されます) 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


心理相談をご利用になる方のお悩みは様々ですが(相談内容の例はこちらへ)、
特に承ることの多い3つのテーマをあらかじめご用意いたしました。
状況に応じてお選びいただけます。

◎セッションの具体的な内容(3テーマ共通、状況により追加変更を行うことがあります)
・まずお悩みや葛藤の内容を詳しく把握いたします。
・セッションで改善が期待できる部分、その必要がない(健全な)部分など心の状況についてお伝えします。
・必要であれば、生き辛さをつくりだしている出来事や記憶に結びついた“感情”を開放します。
・良い悪いの判断をこえたところでの真実を明らかにします。
・発達段階やライフイベントにおいて理解され守られるべきだった心(場合によっては身体)の痛みがあれば大切に扱い癒します。
・“外側”から取り入れた価値観や影響を明らかにした上で、御本人の意思や個性を尊重し、意図や決断の段階をサポートします。
※セッションの回数は自由に決めていただけます。複数回を御希望の場合は、セッションの内容を計画的に実施でき、料金がお得な3回セットもご用意しております)。

≪最高の子育て≫
心身の発達を促していくために、各年代ごとに“ここだけは押さえましょう”というポイントがあります。ただでさえ、肉体的にも精神的にも多大なエネルギーを必要とされる育児です。情報に振り回され、「こうしなければならない」という不安に駆られて、余計な心配や叱責を重ねることは誰のためにもなりません。
たっぷりと愛情を注ぐことと、言いなりになることは違います。毅然とした態度と、お子さんの心に傷を付ける支配的な態度は異なります。親子関係で、“ボタンの掛け違い”が起きていませんか?
育児中、潜在意識に眠っている「自分が育てられた時の記憶」が蘇ってくることがあります。その内容をご自身やお子さんに「投影」してしまうと、状況が複雑になっていきます。ご自身とお子様の個性・価値観をチェックし、お子さんができるだけ“快”の体験を重ね、「脳」の発達を促し、自信を失わず親子でHAPPY!と言えるための“世界でただ一つ”の育児をご一緒に見つけていきましょう。
昨今、発達障害という概念に触れることが増えています。確かに新しい形のコミュニケーション、今までに見られないタイプの敏感さなど、個性的なお子さんは増えていますが、果たして「治す」べき「障害(病気)」であるのかどうかは、様々な議論がなされています。
深刻な情緒不安定さや対人関係における緊張が、無気力やコミュニケーション不全を引き起こして学習が進まなくなっている可能性もあります。情緒的側面を安定させ、自尊心を健全に育てることができれば、たとえ何らかの生来的な「障害」が発見されたとしても、性格や対人関係は穏やかになる可能性は高まります。
他者のエゴや、主観的な判断による“成功”や“失敗”という無意味な「評価」に振り回されず、自信を持って「最高の子育て」をしたい方、これから親となるにあたって不安を払拭なさりたい方にもご利用いただけます。

≪ACにさよなら≫

AC(アダルトチルドレン)は、「Adult Children of Alcoholics(アルコール依存症の親の元で育ち成人した人々)」という表現がもとになってできた考え方です(医学的な診断名ではありません)。
現在ではアルコール依存症に限らず、機能不全家庭で育ちネガティヴな精神的影響を受け続けている傾向をもつ人々や、そういった方々に共通する心の状態をそう呼ぶことがあります。
不適切な育児態度の影響により、“無条件に愛されている”という感覚が得にくく、虐待の連鎖、共依存など、対人関係や社会生活において困難を生じさせる要因を形成していることがあります。
つい相手の顔色をうかがって疲れてしまう、他者がすぐ怒るように思えて怒らせないような行動をとってしまう、いい人だと思われたくて疲れてしまう、家族の不健全な部分を自分が背負わされているように感じる、家庭の悩みは恥ずかしくて信頼できる友人にも話せない、自分の価値が分からない等の傾向を感じていらっしゃる方は、アダルトチルドレンの傾向があると考えられます。
ご希望の場合は、これらのテーマを中心的な軸としたセッションもお選びいただけます。
セッションの中で用いるサブ・テーマとして、「健全な自己主張」「他者と自分の(思考と感情の)境界線」「健全な自己愛、パワーを取り戻す」等があります。

≪自分にOKを≫

自分を認め、慈しむことは、わがままや怠惰になることとは違います。反省がなければ成長はありませんので、ある程度自分自身を客観的にみてみることは必要ですが、過度の自己批判や自己嫌悪は幸福な社会生活や対人関係を築く上で大きなストレスとなりますし、心身の健康にも悪影響を及ぼします。
自分は愛される価値がない、自分を好きになれない、と感じる心理の背景には、他者と比較して自分を批判していたり、辛い体験から導き出された過酷な価値観にしばられていたりすることがあります。長所や短所は、視点が違えば違うだけ数えられるものであり、いくつもある選択肢からどれを選んでいるかの結果にすぎません。
自分を肯定すると気分も明るくなります。特に考えることが得意で好きな方、成長したいという意欲が強い方は、理想が高すぎていないか、批判しすぎていないかを時々チェックすることも大切です。
努力しているのに報われない、自分は人から好かれないから人生がつまらない、やりたい事が見つからない、何をしても成功しない等とつい考えてしまう方、そういった状況を変えたい方にご利用いただけます。

◎時間・料金設定は通常の個人セッションと同じです。
◎継続セッションにおけるテーマの変更・追加は可能です(その都度おうかがいいたします)
◎問い合わせ・お申込みはこちらへ